戦争を振り返って

奇襲について事前に情報を得ていたのか?と聞かれたり
知っていたんだろうと言われたりもしていますが
答えはNOです。

朝起きたら敵襲がきていて、しかもそれが
友好的な話を進めていたはずの同盟からとか…
夢かと思いましたw

奇襲に使われた、私の本拠地から距離3にある
敵軍事前線基地はゲーム開始初期から建設されていたので
最初からこういう筋書きだったのかなぁと
今になって思ったり…

では何故落ちなかったのかというと、
平時から防備を怠らないようにしていたことと
相手がそれを上回る攻撃ができなかったことでしょうね。

元帥が落ちると同盟ごと落ちてしまうので
常に防衛を考えるのは当然のこと、
ましてやうちは少人数で
多数の隣接NPCと制圧NPCを所有しているため
いつ狙われてもおかしくありません。

その時々のスキルやフォーメーションにもよりますが、
開戦当初で歩兵防御50万~100万は敷いていました。
(今はもっと高いですよ(^ー^b

受けた攻撃は大きいので新兵6000が1発と
他は1000~3000が10発くらいだったでしょうか
減る援軍より増える援軍の方が多かったですね。

100人総がかりで攻撃されればきつかったかもしれませんが
自主的に戦争反対で攻撃しないでくれた人達もいるようなので
助かりましたね。

このような人達のためにも、賠償は最小限で済ませて
さくっと停戦しようとは考えていたのですが…
対応があまりにもひどく…散々振り回されて
こじれた結果、いろいろといただくことになりました。

いろいろありましたが無事停戦できてよかったです。
あとは合意内容の手続きを進めていくだけですね。

こちらでいただいたものについては
お返しするというか、共有できる道を示してはおきましたが
さてあちらはどのようなを選択するか。

お疲れ様でした。

戦争を振り返って” への2件のコメント

  1. レンタルサーバのサービス終了のようですが、サイト移転ですか?

  2. ですね~終了までに移転できるようにします!
    もし間に合わなかったらゲームプロフから見つけてください><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>